ホーム

Responsive image

あべ

グループ 1

Responsive image

Nメン

友だち 9

Responsive image

中山きんにくん

Responsive image

マイペース

Responsive image

数学

Responsive image

生チョコ

Responsive image

くろんぼ

Responsive image

天然

Responsive image

インスタライブ

Responsive image

ポメラニアン

Responsive image

部長

News

特集

N FES

     

Nフェスは誰もが無料で参加することができるイベントであり、2019年度の夏では、かき氷を食べたり、ケバブを食べたり、ツムツム大会をしたり。秋では、焼き芋を焼いたり、卓球大会をしたり、マリカー大会をしたりと様々なことをやりました。

私たち卒業生が高校生の時にはまだなかったNフェスですが、昨年はお手伝い役として参加させていただきました。出身中学や高校の違う、塾生やその友達が、こういったイベントで触れ合えるなんて、羨ましいと思いました。

News 特集

速報

N-CAFE SUNDAYS

     

N-CAFE SUNDAYSは日曜日に行われる、高校1年生、2年生を対象とした先着20名限定のイベントです。このイベントでは、無料でスターバックスなどの飲み物が飲めて、お菓子も食べれて、もちろん質問し放題です。とにかく楽しく勉強しましょうといった感じの勉強会です。こちらもお手伝い役として参加させていただきました。

News 速報

タイムライン

Responsive image
Responsive image

あべ

はじめまして。このwebページを作らせていただきました、平成31年度卒業生のあべと申します。ここ「タイムライン」には、私のページ制作の「制作後記」という位置付けで、感想文的なことを書かせていただきます。

2020年2月4日、友達と3人でやすらぎの湯に行ったとき、偶然にもつよしー(高橋先生)に会いました。(多分やすらぎで会うのは3回目ぐらいですが、)一緒にサウナに入ったあと、私はwebページ制作の勉強をしていることをつよしーに伝えました。Nスクールのホームページはつよしーが一人で作っていたことを知っていたからです。すると、つよしーは「"卒業生からしたNスクール"というテーマで自由にページを作ってみな!」と課題を与えてくれました。その話を聞いた瞬間、私はもうワクワクが止まりませんでした。

ですが、webページを一から作るということはそんな簡単にいくことではありませんでした。考えに考えました。まさに試行錯誤の連続でした。アルバイトで牛丼を運んでいる時でさえ、構造やらデザインやら文脈やらをずっと考え続けました。考えすぎて何度か思考停止しました。

そして、つよしーとミーティングを繰り返してやっと完成したのが、このLINE形式のページです。約1ヶ月間半、ほぼ毎日、ほぼ全ての時間をフル活用して作りました。気付いたら大学の春休みの半分が終わっていましたが、私にとってこの課題はそれだけの時間を費やす価値がありました。とてもとても貴重な経験をさせてもらいました。

私は今回、このような形で再びNスクールと関わらせてもらいましたが、Nスクールの先生方は卒業しても私たちに様々な経験をさせてくれます。ニュース項目で紹介した塾のイベント、「Nフェス」や「N-CAFE SUNDAYS」にも多くのOBやOGが参加しました。塾のイベントがあるたびに声をかけてくださって、いつも手伝わさせてもらっています。他の学習塾では経験できないことがこの塾では経験することができるのです。Nスクールは学習塾ですが、勉強以外にも学べることが山ほどあります。他の塾にはない強みです。

なんとなくNスクールが普通の塾ではないとお分かり頂けたでしょうか。「授業料5円キャンペーン」とか「コーヒー飲み放題」とか「先生たちのオリジナルフィギアをプレゼント」とかやっているだけで、普通の塾でないことをお察しいただけると思いますが、この塾は本当に面白いです。一度も実際のページを作ったことがない卒業生が作ったwebページをオフィシャルホームページに載せちゃうんですよ?しかもまだ勉強して4カ月ですよ?そんな塾あります?普通そんなことはやらせてもらえません。

それと、NスクールはSNSでの発信も活発です。よくNスクールのインスタグラムを見た同級生に言われます。「Nスクールは本当に塾なのか?」と。気になる方はぜひNスクールのinstagramやtwitterをご覧になってください。「Nフェス」や「N-CAFE SUNDAYS」の活動風景もたくさん投稿されています!


最後に

最後に、製作者である私から、このwebページの最大の魅力を紹介します。それは、「他の学習塾もビビってしまう、他にはない、圧倒的 "リアルさ" 」です。もちろん、見た目も本物のLINEみたいにしようとちょーがんばりました。リアルすぎて、「あれ?もしかして今LINE開いてる?」って思っちゃうでしょ。
しかし、私が注目して欲しいところは、実は「見た目」ではありません。ページ内のテキスト達、つまりLINEの「トーク内容」です。ぶっちゃけあれは私たち卒業生のマジのトーク内容で、99%書き換えていません。LINEで話したことをそのまま再現しました。あの「トーク内容」は卒業生がNスクールに抱く率直な感想そのものです。Nスクールを検討されている方はぜひぜひ参考にしてみてください。


最後の最後に

このような形で、自分が初めて制作したページがお世話になったNスクールのホームページの一部になったことを、とっても嬉しく思います。同期のみなさん、貴重な春休みだというのに協力してくれて本当にありがとう。多分、こんなにも作っていて 楽しいwebページを作ることはもうないかもしれません。このページは自分にとって超特別な物です。ありがとう。
そして協力してくださったNスクールの先生方、本当にありがとうございます。


最後の最後の最後に

つよしー。こんな素敵な機会を与えてくださり、本当にありがとうございます。つよしーとミーティングをしながら、新しいことを考えるとワクワクが止まりません。これからもカッコつけていきましょう。それと、再び我々を会わせてくれた小山市民の聖地、「やすらぎの湯」に深く感謝申し上げます。次の目標は北関東最先端。

Responsive image

244

こんにちは。Nスクールの高橋です。

先日、卒業生の阿部くんに偶然、我らが小山市民の聖地「やすらぎの湯」で会いまして、最近独学でwebサイトの勉強をしているということを聞きました。

「じゃあうちの卒業生から見たNスクールっていうテーマで本物のページ作ってみる?」って軽く提案してみたところ、「はい、やります!あざす!!」と、シンプルで熱い返事が返ってきました。

正直なところ、あまり期待していなかったのですが、蓋を開けてみればびっくり!なんと、阿部くんは「LINE」そっくりのサイトを作り始めてしまったのです。

阿部くんは、他の卒業生たちに「LINE」を使ってインタビューを行い、そのインタビューをwebページとして「完全再現」してしまおうと考えたのでした。

阿部くんの熱意をカタチで受け取り、私も燃えてきました!!週に2~3のミーティングを行いながら、完成へ向けて頑張ってもらいました。

みなさんどうですか?すごくないですか??このページ、阿部くんが初めて制作したwebページなんですよ!?

私は何もしていません。そもそも私自身、webについてはほぼほぼ素人なので笑 私がしたことといえば、「あべ、そのノリ最高!」って言ったぐらいです笑

ということで、なんとミラクルなことに、私たち塾サイドとしては作ろうとしても絶対に作ることのできない、最高のページが出来上がりました。

まさに最高のページです。なにせ、卒業生が、卒業生の仲間たちに自らインタビューを行い、そのインタビューを、卒業生が貴重な時間を使って、自らの手で完全再現してくれたのですから。

こんなページ、他にあるでしょうか?いや、ないでしょうね。完成度ももちろん申し分ないですが、技術論では決してはかることのできない、本当に、本当に、唯一無二のページを制作してくれました。

阿部くん、この度はこのような奇跡のページを作ってくれて本当にありがとう。そして卒業生のみなさん、いつもNスクールを愛してくれて本当にありがとう。

最後に、、、阿部くんの今後に大いに期待します!なんてことは絶対に言いません笑 それは私ができることではありません。それに私がしたいことでもありません。

阿部くん、いや、あべ。また何か一緒に作ろう!そして、我らが聖地「やすらぎの湯」がリニューアルしたら、またサウナで「熱く」語り合おう!

Nスクール高橋

Responsive image

こちらの写真は、マイペースがどうしても使って欲しいと送ってきた写真です。この言葉に大した意味はないみたいです。僕はどうしたらいいかわからなかったので、最後に添えておきました。